WINDOWSマシン

FUJITSU FMV 6233

WINDOWS2000のビンボールゲームで遊ぶ

 世の中のソフトはやはりwindows用のソフトが圧倒的だ〜(;_;) マックの中にソフトウェアウィンドウズ等を入れてwindows用のソフトを使ってみたりしたが圧倒的に使い勝手が悪い。
 会社のサーバーマシンを入れ替えしたので古くて調子の悪い機械を一台貰ってきた。富士通のFMV 6233という業務用のマシンだ。

ペンティアム2 233MHz

ハードディスク 5GB

LAN CARD

SCSI CARD

 もともとNT SEVERが入っていたサーバーマシン。まずフォーマット、MS DOSなぞ扱うのは初めて。なんやフォーマットが出来ないぞ〜(^_^;) OSのインストールなぞMACでは簡単なのだがWINDOWSのインストールは初めて、四苦八苦してがんばってやってみる。
 とりあえずWINDOWS 2000を入れてみたが、でかくて重たいOSでこのマシンにはちょっときつい。2GBのCドライブがほぼOSだけで満タンになったのには驚いた。
 また初期化してWINDOWS 98をインストール。やはりこれくらいが適正か。

 現在MACとモニターを併用している。IIYAMAの19型モニターにD-SUBでMAC、BNCでFMVを繋いでいる。どちらかをスリープにすると自動的に切り替わるが、FMVのスリープ機能が調子悪く出来なくなってしまった。モニターの小さなメニューボタンを何回も押して切り替えなければならない。

NEC バーサプロ

 会社で使用しているノートパソコン。たまに持って帰ってLANに繋いでいる。会社用のネットワーク設定と自宅の設定を切り替えるKemaNetというソフトは便利だ。たまに息子と「ソロモン海戦」のゲームをLAN対戦でやる。あほなコンピューターのAIと戦うより数倍面白い。


INDEX    NEXT