南紀の海水浴場

ようやく盆休み。天気予報では若狭方面は梅雨前線が南下して大雨との予報、今年はどないなっとんねん?少しでも太平洋高気圧に近付こうと南紀の海を目指しました。


8月13日
朝、9:00に郡山発、国道168は狭くて嫌なので国道169で熊野を目指す。南に下るにつれ快晴に。熊野市の大泊海水浴場はすごい人だ。熊野より42号線を南下、とりあえず串本を目指す。

三輪崎海水浴場
新宮の少し南、三輪崎海水浴場を偵察。エメラルドグリーンの海で岩場も有りそうだが、シャワーなどの施設は見当たらない。

那智海水浴場
南紀で一番大きな海水浴場、白砂の海岸が長く続くが去年泳いだので今回はパス。

湯川海水浴場
黒い砂利のこじんまりした海岸。駐車料金はタダ、キャンプ禁止と書いてあるが結構テントが張られていた。空いているスペースが無いのでパス。

田原海水浴場
午後も過ぎたのでここで泳ぐことにする。白砂の海岸でまん中に岩場が有る。岩場には熱帯魚のような魚が泳いでいた。プカリプカリと蛇のような物が浮いている。トラウツボの死骸だった。ここは駐車料金はタダ、シャワー・トイレ・更衣室の使用も無料だった。海岸はキャンプ禁止でだれもテントを張っていない。

あらふねキャンプ場
さぁ〜今日のねぐらを探すとするか。とりあえず田原海水浴場から細い道を進みあらふねキャンプ場へ行って見る。道中の荒船海岸は男性的な岩場が続きなかなかの眺めだ。キャンプ場はお盆で満配状態。テント一張り2000円、タープ1000円と比較的安いがあまりに混んでいるので見合わせる。

橋杭岩海水浴場
橋杭岩のすぐ近く、白砂の海水浴場まで南下して見るがここもキャンプ禁止。なんや和歌山の海水浴場は禁止の所が多いな〜仕方が無いのでまた42号線を戻る。

玉之浦海水浴場
国道よりようやくテントをたくさん張った所が見える。玉之浦海水浴場の駐車場を入った所から海岸に道が伸びており車で海岸までいける。丁度砂地に程よく草が生えておりテントを張るには最高の場所だ。\(^o^)/

18:00頃ようやくテントを立て食事にありつけた。最高のキャンプ適地なのだが難点はトイレ、海水浴場のトイレは夜はシャッターを閉めて入れない。心配していた天候の崩れも無く、満天の星空を見れた。夜中に流れ星を見る。ここの海水浴場は駐車料金520円。

8月14日
朝は少し曇っていたが時間と共に日差しがきつくなる。海は波は穏やかで透明度は高い。びっくりするほどの遠浅だった。砂浜から突堤を越えると岩場が広がっている。岩場は波が高いが潜るときれいだ。泳いでいるとフグやベラがたくさん寄ってくる。どうも巻上げた砂の中のエサが目当てみたい。転がっている石をひっくり返すとバフンウニが着いておりそれをめがけてフグが寄ってくる。

え〜かげん泳いで帰りは17:00発、勝浦の町中が思いっきり渋滞して熊野には20:00、自宅には23:00着だった。南紀は遠いな〜。