OUTDOOR 道具あれこれ

うちのキャンプ道具の紹介です。


テント

フェルツァ4 (小川テント)

 
 在庫処分のバーゲンで購入したが、これがすこぶる快適なテントです。
ここが○
 耐候性に優れている。(今年の夏は3回雨に降られました。そのうち1回はバケツをひっくり返したようなのが2時間くらい続きましたが、平気でした。)土間が広く使える。 ロッジ型より軽くて設営も簡単。
ここが×
 インナーテント、4人用ということで少し狭いかなぁ。

アルタナ (小川テント)


 今年はスクリーンテントが大流行。うちもアルタナを購入しました。自立式なので地面を選ばない。以前はウィング型のタープ、ペグを打つのに難儀したり風で飛ばされたりと散々な目にあいました。スクリーンですが、全てを閉めるとシェルターになります。フラップを張り出せば大きな影ができ、実用スペースは広いと思います。
 不満点、購入した時はスクリーンが4面とも有ると思っていたら3面しか無かった。中にテーブルとイスを置くと4人が限度かなぁ。

ミルフォード 3人用

 アルペンの特売商品でたしか5,000円以下だったと思う。深夜の林道で空き地で寝る時等簡単に設営できて便利。ほんとは山用のテントが欲しいのだが、(;_;)

ペグはたくさん
 色んな形のペグと少し大きめのハンマーをいつも持って行くと便利だ。来た時よりも帰りは何故かペグが増えている。忘れる人が多いんだなぁ〜


スリーピングバッグ

 うちは徐々に買いそろえていったので一つとして同じものが無い。つい最近まで子供は寒くても大丈夫だろうと思っていたが、やはり寒いみたいだったので子供の分もそろえた。


照明器具

 ランタンはキャンピングガスの小さな物。80Wぐらいの物。ランタンはガス式が使い易いように思う。それと小さなキャンドルランタン。キャンプで何個もランタンを吊るし煌々とあたりを照らすのは好きでは無い。ガスランタンも食事の時くらいかなぁ。あとはキャンドルの光とたき火の炎でっていうのが好きです。
 テントの中では蛍光灯のランタンが便利。


ストーブ

 以前にコールマンのシングルバーナーを持っていたが、ガスが便利と思い人に譲っってしまった。キャンピングガスのピレネーコンロを使っていたが、去年の冬にうどんを炊くのに1時間もかかってしまい頭にきてしまった。やはりガスは低温に弱い。といって寒冷地用のガスもたくさん持つわけにもいかない。ということでつい最近コールマンのツーバーナーを購入した。燃料をタンクに・・・ボトボトとガソリンが溢れた。そやそやガソリン式はこれがうっとしぃのを忘れていた。(^_^;) それとまた荷物が増えてしまった。
 もうひとつ定番はバーベキューコンロ、いつもメニューが焼肉になってしまいます。


テーブルとイス

 木で出来た折り畳み式のテーブル、もう10年くらい使用したので表面がボロボロになってしまった。(;_;) 今年、アルミのテーブルに変えた。 新しい綺麗なテーブルで食事・・・なんや殆ど荷物置き場になっている。
 イスはバタンと開け閉めするホームセンターで安く打っている物。今年から子供の分も買わされた。
 今年の目玉はサウスフィールドのロッキングチェア。星や海を見ながらビールを飲みゆらりゆらりと揺れるのは天国だ。しかし車に積むには難儀する。お気に入りアイテムはハンモック、かさ張らないので2ついつも車に積んでいる。手ごろな木に結んで揺れるのも天国だ〜


クーラーボックス 水缶

 20〜25リッターのを2個積んで行くが、2泊3日くらいのキャンプでは足りない。やはり50リッターくらいのが欲しい。しかし夏の海では次の日まで氷が持たないのは便利が悪い。
 水缶は水のないところでキャンプするときは便利。


小物

 ナイフは4本、フォールディングナイフが料理の時は活躍する。オイルストーンを買う金が無いのでせっせと砥石で研ぐがこれは難しい。ビクトリノックス(トラベラー)のナイフも小さいがよく切れる。ごちゃごちゃといろんなものが付いているが、一番便利なのはつまようじだ。(^_^;) あとホームセンターで売っていたアドベンチャーナイフ、土を掘ったり鉈変わりに使える。薪をささくれさすのに便利。最後にペンチのついた980円で買うたレザーマンツールのまがい物。ペンチって結構便利だ。
 この前、ビクトリノックスのハンディシャープナーを買った。これでリタッチするとよく切れる。(^o^)
 ロープとセンタクバサミ、海に行く時は便利です。あとウチワもたくさん。寝苦しい夜には大活躍、それと炭火やたき火のときにも重宝します。