夏の終わりは新鹿で

 夏休み最後の日曜日。先週もキャンプに行ったのでゆっくりしようと思っていたが、誘惑に負けて熊野の新鹿の海へ出かけた。

1999.8.29(日)
7:00 発
10:20 新鹿
16:50 
21:00 着

 朝、5:30に起床。熊野はうちからたっぷり3時間はかかる。国道169号線をひたすら南下。熊野市より海岸沿いを新鹿に向かう。10年前に来たときにはえらい狭い道だと思っていたが、現在国道311号線はかなり改良されていた。(狭い部分もまだ残っているが)

 新鹿の街に入ると青い海と白い砂浜が続く。熊野特有のむっとした熱気が伝わってくる。お墓の前の駐車場に駐車。駐車料金は1000円だった。海岸にはテントが数張り並んでいた。

参考 
キャンプ料金 3,000円
シャワー 300円
トイレ、更衣室はきれい。

 海岸にアルタナを張り、荷物を運び早速着替えて泳ぐ。「日本一の水質」との看板がたくさんあったが、名前に恥じないきれいな水だ。波も穏やかな遠浅之海岸。泳いでいるとたくさんの魚が近くを泳いでいた。
 海岸の北側は岩場が広がっている。そこでシュノーケリング。青や黄色のきれいな魚がたくさん泳いでいる。枯れ葉に体を似せたけったいな奴もいた。ある程度クラゲを予想していたが、全然いなかった。

 来年はキャンプでゆっくりとしたい。快晴の空、透明な海。あっというまに最後の夏の日が過ぎて行った。