七面山は秘境の趣
 去年から行きたいと思っていた七面山。先月の山渓に紹介され、ダンノ凡太 郎さんのREPを見て登ってみました。
【山  名】  七面山
【日  時】  2000年6月4日
【メンバー】 正純(中1)
【コ ー ス】 林道〜七面山(往復)
【天  気】  曇りのち晴れ


宮の滝


七面尾はシャクナゲが満開

5:00起床 5:30発  
 今回は久しぶりに息子と二人で出かける。国道168号線の大塔村役場の所 から新しい林道を走る。狭い所もあるが全線鋪装されている。峠のところに立 派なヘリポートが有り、休憩所も。稲村ヶ岳をはじめとして所々霧のかかる大 峰の山々の展望が良い。

 峠より下ると宮の滝が豪快な姿を見せてくれた。しばらく写真を撮って、船 の川沿いの林道へ。こちらは鋪装されていない区間も多い。

8:15 林道ゲート
 半分閉まっていない。ゲート前に1台車が止まっている。とりあえずここに 車を止めて歩き出す。長い林道歩き。あとから2台、車が登ってきた。しもた 〜無理に入れば良かった(^_^;)
 明星ヶ岳を眺めながら高度を上げる。

9:50 七面山登山口
 登山口の看板有り。ここからいきなりの急登だ(^_^;) 昨日の雨で植林帯の 中の道は滑り易い。
 最初のうちは道がジグザグについているが途中からは直 線の登りだ〜 息も絶え絶え。

10:50 尾根へ
 ようやく大きなブナやヒメシャラの繁る大峰の尾根に出る。

「こんにちは」「以前薊岳で会いませんでした?」「そういや木ノ実ヤ塚で」 以前木ノ実ヤ塚で出会った人と再会した。

 自然林の尾根を気持ち良く〜といった期待は見事に裏切られる。狭いごつご つした尾根は木の根がはびこってすこぶる歩きにくい。ただこの尾根、今日は しゃくなげが満開だ。ず〜っとしゃくなげの花のトンネルの中を歩いているみ たいだった。また素晴らしい小鳥の声が楽しめた。
   尾根道より七面谷の源流に有る神仙平の眺めがいい。ここは伐採で広々して いるのかなぁ。それとも自然のまま?


七面山へ続く尾根から明星岳を望む

七面山 東峰山頂

12:15 七面山西峰頂上
 また急登の末、七面山西峰へ。風が尾根を吹き渡り寒い。展望はほとんど無 し。  

12:50 東峰
 コースタイム往復25分はとても無理やなぁ。結構アップダウンが有る。こ の山はまだまだ入る人が少ないみたいで注意しないと道をはずしてしまう。東 峰も展望は無し。釈迦ヶ岳から見える大絶壁はこの山からは見えない。


アケボノ平より七面山


アケボノ平より釈迦ヶ岳

アケボノ平
 一度西峰に戻り西の尾根を下りアケボノ平へ。気持ちのいい笹原だ〜\ (^o^)/ 七面山、両峰の展望がいい。また明星から釈迦ヶ岳への尾根がよく見える。し ばし大展望を楽しむ。白い小さな花をつけたツツジ、アケボノツツジかなぁ。

七面山 PHOTO GALLERY

14:20 アケボノ平発
 帰り支度をしているとようやく晴れてきた。

14:45 また西峰へ

15:50 尾根分岐

16:35 登山口  あまりの急坂に足の爪が痛くなる。

17:50 林道ゲート  すっかり遅くなった。