新緑の散歩道 東青山四季のさと

2000年4月23日

 青山高原の東麓、近鉄東青山駅の駅前に広がる東青山四季のさと。以前に遊びに行ったときに周遊路が有るなぁと思い、また関西ハイキングの春号に載っていたのでぐる〜っと歩きに行きました。

 東青山まで名阪国道を走る。途中、グレーのスカイラインが後ろに付いたのでもしやと思い斜線変更し減速すると案の定覆面パトカー、しっかり後ろの車が追走されてつかまった。危機一髪。国道165を青山高原に向かい走る。
 高原への道と分岐する辺は桜が満開だ。トンネルを抜けて坂道を降りると東青山駅に着く。四季のさとは駅の真ん前、駐車料金1000円いるが入場料は無料。


広い自然公園が広がっている。東青山駅下車すぐ

 四季のさとは広い自然公園になっており、アスレチックみたいな遊具があり家族連れで賑わっている。公園の中に「切り通しコース」「バードコース」「せせらぎコース」の3つのコースが付けられている。


池のむこうは青山高原


 公園事務所より反時計回りに「切り通しコース」と「せせらぎコース」を歩く。歩き出してすぐ池が有り、青山高原が新緑で眩しく見える。高原の上には風力発電の風車がたくさん見える。今日は風がきついのでよく回っている。コースは緑鮮やかな自然林の道。うぐいすの声がよく聴こえてくる。しばらく歩くとすれ違った人からタケノコを貰った。


山桜の咲く自然林の道。新緑が眩しい。うぐいすが鳴いていた。


切り通しコースの切り通し
ここよりすこし行った所に野鳥観察の小屋が有った。

 ここの道は雑木林、竹林、湿地、山桜、杉林といろんな森が楽しめた。蝶や蜻蛉、サワガニにとかげなどいろんな生き物も豊富な道だった。


「せせらぎコース」の沢。サワガニがいた。