白銀の和佐又山

1999年も残り僅か、今年の最後に和佐又山に出かけました。

【日 程】1999年12月23日(木)
【山 域】大峰
【コース】ヒュッテより和佐又山
【天 候】快晴
【メンバ】単独

 久しぶりに山に向かうような気がする。名阪福住インターより南下。大和高原に結構雪が残っている。

 国道169には雪が無かったが、和佐又山への道に入ると凄い雪だ。チェーンを巻いた乗用車がスリップして登れないということで引き返して来た。今年初めてチェーンを装着。コツを忘れたのでなかなか着けられない。

 ヒュッテには誰もいない。食堂も閉まっており年末の大掃除中だった。ビールだけ貰う。ヒュッテの前は一面の銀世界。ソリ遊びの人もいないので降ったままの雪が積もっている。陽光さんさんとふりそそぎ、キラキラと光っている。


静かなヒュッテ前


白鬚岳


 スパッツと簡易アイゼンを着けて取りあえず丘に向かって歩く。吹きだまりは結構雪が深く、膝のあたりまで埋まってしまう。丘の上からは大台ヶ原がくっきりと見える。雪の量はまだ少ないみたいだ。西には真っ白な大普賢。

 とりあえず和佐又山のコルまで行こう。雪の登山道をぼちぼち歩く。なんや小さな羽がたくさん落ちているなぁ。可哀想に食べられた小鳥の死骸が有った。今日は風も無く快晴の空が広がっている。遠くから犬の鳴き声、ときおり小鳥のさえずり、誰にも会わない静かな山だ。
 和佐又山のコル付近、大きなブナやヒメシャラがすっかり葉を落として雪に耐えている。しばらく無双洞への道を歩く。こちらは人の足跡は無く、犬の足跡だけがついていた。雪の上には小動物の糞が落ちていた。


コル付近

 和佐又山山頂へ。弥山付近は白い雲の中。行者還岳も真っ白だ。山頂に光が照りつけ眩しくて目を開けていられないくらい。山頂の木に残った木の実を2羽の小鳥が啄んでいた。下りは北側の斜面をヒュッテまで降りる。雪の量が多く歩きにくい。どうにかこけずに降りることが出来た。


山頂より大普賢岳


和佐又山 PHOTO GALLERY