青空に釈迦の微笑 大峰釈迦ヶ岳

【日 程】1999年10月2日(土)
【山 域】大峰
【コース】旭口登山口より釈迦ヶ岳往復
【天 候】快晴
【メンバ】良子 正純(小6) 香織(小3)

 今週はどこへ行こうか、子供だけならどこでも黙ってついてくるが女房を山好きにするには・・・あまりしんどく無く、常に景色が良く、山頂も抜群の展望が・・・と考え旭口から釈迦ヶ岳のコースを歩きました。


10:45 登山口
 登山口には車が2台、たくさん止まっていると思ったが案外少ない。このところ林道の峠の所から登る人が増えたのかなぁ。うす暗い植林の中をふぅふぅいいながら登る。しかし今日も暑い。ジリジリと照りつける太陽、まるで夏の日射しだ(^_^;)

11:35 尾根へ
 ようやく植林帯を抜け、ブナと笹原の尾根に出る。ブナの紅葉は予想通り、グリーンから少し黄色に色付いた程度。茶色に枯れている葉もたくさん有った。今年の紅葉はどうだろうか?
 右手に南部大峰のスカイラインを満喫しながら笹原をぼちぼち歩く。ところどころに朱色になりかけたマムシグサの実や紫色のトリカブトの花が見られた。バイケイソウはすっかり枯れて黒い花の茎が風に揺れていた。


登山道より釈迦ヶ岳


尾根の南は大峰山脈が延々と続く


明るい笹原とブナの尾根を歩く

13:40 千丈平
 ここの水場はしっかりと水が出ていた。それにしても暑い。ここまでで水筒2本が空になった。


北に見える七面山の絶壁

14:10 釈迦ヶ岳山頂 14:50
 千丈平より急登を登り切ると青空をバックにお釈迦様の微笑みが迎えてくれる。山頂も日射しはきついが、流石に秋の空、天が高く感じる。今日も抜群の展望だ、家族全員バンザイで感動の一瞬。\(^o^)/
 山頂ではギンヤンマがスイスイと飛び回り、可憐なリンドウが花をつけていた。ヤシオツツジは少し色が変わっている程度、紅葉にはまだ早いか。


青空に釈迦が微笑む

 下りに千丈平でしばらく遊ぶ。今年より山の装備に加えたハンモックをトウヒとブナの木の間に貼りユラユラと。この気分は最高だ。


ハンモックで遊ぶ


登山道のある吉田森の尾根

17:15 登山口
 暑かったけど季節ごとの楽しみを与えてくれる釈迦ヶ岳。嫁さんと香織は初登頂で満足していた。また帰りの林道で野ウサギを見かけた。


釈迦ヶ岳 PHOTO GALLERY