大台ヶ原に日の出を見る

去年の秋に続き、また大台ヶ原へ日の出を見に行きました。

【日 程】1999年5月8日(土)
【山 域】台高
【コース】東大台周遊
【天 候】晴れ
【メンバ】単独

5/7 21:30
今度小学3年生になった娘を誘うが、「しんどいから嫌!」
嫁さんは風邪、上の息子は修学旅行、だんだん子供に相手にされなくなってきた。(;_;)
仕方が無いので単独行だぁ。大台ヶ原ドライブウェイに入り、ライトをハイにしてゆっくりと走る。闇の中にたくさんの鹿がうごめいている。夜は彼等の世界だ。
23:30 大台駐車場着 満天の星空だ\(^o^)/ 車の中で寝袋に潜り込む。

5/8 3:30 起床
ぼちぼち日出ヶ岳へ向かう人の気配で目が覚める。そこそこ車も止まっていた。爽やかな朝というには寒すぎる。

4:10 出発
まだ暗いのでヘッドライトをつけて出発。薄明の森の中、小鳥達がさえずっている。早起きだなぁ。
日出ヶ岳のとりつきに到着。立派な木のステージが出来ていた。そこで三脚を立てて日の出を待つ。


東の空が焼けてくる

5:00 ご来光
水平線からオレンジ色の太陽が昇ってきた。上空は雲一つないが、水平線はどんより。今日も残念、富士は見えず。でも日の出、日の入りの大自然の色彩のショーはいつ見てもいいものだ。

その後、日出ヶ岳、正木が原、大蛇グラ、と朝日を浴びながらのんびりと周遊。
伊賀上野からよく大台に通っている人とカメラや山談義に2時間。駐車場にお昼前に戻った。

大台ヶ原もまだ新緑には少し早かった。緑が少ない分、正木嶺のトウヒの立ち枯れが余計に目立った。まるで白骨の森の様だった。


正木嶺にて


大台ヶ原 PHOTO GALLERY


台高index