99 樹氷の高見山

【日 程】1999年1月30日(土)
【山 域】台高
【コース】大峠より高見山山頂往復
【天 候】快晴
【メンバ】単独

目が覚めると素晴しい好天。美しい樹氷を予想して高見山へ向かう。木津トンネルを超えると白い高見山がそびえている。杉谷の登山口は車で一杯だ。
山頂は混雑しているだろうな。国道から旧道に入りチェーンを装着。積雪は日影の部分のみ。無理をすればチェーン無しでも登れる程度。


木津トンネルより高見山

大峠予想通りここの広場も満車状態。どうにか透き間を見つけて車を止める。天気はいいが、風が強く寒い。車内で昼食をとり準備をする。


大峠予想通りここの広場も満車状態。どうにか透き間を見つけて車を止める。天気はいいが、風が強く寒い。車内で昼食をとり準備をする。

12:30 登山開始
この時間からだと下山してくる人が圧倒的に多い。足下は踏まれてぐちゃぐちゃの泥道だ。まるでヌタ場の中を歩いているみたいだ。しばらく登るとベンチのある広場に出る。南に国見山が白く輝いている。ここより高見山を見ると白くなっている部分は少ない。南側斜面の樹氷は早くも熔けてきたみたいだった。山頂まで殆ど雪は無く、泥道の急登。山頂に近くなり「さぁアイゼンをつけようか」と思ったら車に忘れて来た。どうもこのところボケが続くなぁ。


高見山山頂

1:10 高見山山頂
山頂は人で一杯。例年に比べて雪は少ない。それでも北の斜面には立派な樹氷がついている。展望台よりは360度の展望を楽しめた。すこし小峠への方向に降りてみる。こちらには素晴しい樹氷が広がっていた。青い空に白い枝。やはり高見山を楽しむには杉谷、もしくは小峠からの道を登るほうがいいみたいだ。


高見山北西斜面

2:00 下山開始
またまた泥の道を滑らない様に注意しながら降りる。北に三峰山を見るが山頂には殆ど雪は無い。

2:30 大峠
下りの旧国道、警察が事故の現場検証をしていた。下山途中に救急車の音がしていたがどうも正面衝突が有ったみたいだ。やはり狭い山道では少しの雪でもチェーンを巻いて走らなければ止まれない。

杉谷のバス停の前の売店でホオ葉に包まれた餅を食べる。おいしかった。売店のおばちゃんに『大峰・台高を歩く』(山と渓谷社)に写真の載っていた杉谷の間欠泉の場所を尋ねる。30分に一度ほど鉱泉を噴き出しているそうだ。今は水道工事をやっているために通行止めとのことだった。また春にでも行ってみよう。


高見山 PHOTO GALLERY