春の木ノ実ヤ塚

ゴールデンウィーク初日、家族で木ノ実ヤ塚へ出かけました。

【日 程】2001年4月28日(土)
【山 域】台高
【コース】麦谷林道より木ノ実ヤ塚往復
【天 候】晴れ
【メンバ】家族で

 この3連休で天気が良さそうなのは今日だけ。初日ということで名阪国道も天理から混んでいた。東吉野に入り、大又かた麦谷林道へ。道は狭く、落石がかなり多かった。尾根に出て登山口には車が3台ほど止まっていた。


 女房は車酔いで最悪のコンディション。ニ階岳までは植林の中、少し歩いては立ち止まり小休止。ニ階岳は潅木で覆われている。黄色い花を付けた木がたくさんあった。マンサクとは少し違うみたいだ。木々の向うに台高の尾根。中腹から谷あいにかけて桜が満開で素晴らしい眺めだ。


ブナ林の中を歩く

 ここからブナ林の中の散歩道。残念ながらブナはまだ新芽をだしていないが、バイケイソウが鮮やかな緑で迎えてくれた。ハシリドコロがたくさん花をつけていた。バイケソウ、ハシリドコロ、トリカブト、大峰・台高は毒草が豊富だ。


ハシリドコロ


 芽吹き前のブナの梢にはガラ達が飛び回っている。娘はバードコールで鳥をおちょくって遊んでいる。久しぶりにビデオとマイクで鳥の声を録音しようと持って行ったが、帰って聞いてみると雑音がたくさん入って失敗だった。


前衛峰(左)と木ノ実ヤ塚


バイケイソウの群落

 深い笹に覆われた急登を登り前衛峰を越え、また急坂を登ると木ノ実ヤ塚。三角点はブナの林の中。展望はあまり良く無いが、木々の隙間から薊岳や国見山が見渡せる。薊岳まで行こうと計画していたが、女房の体調不良でここで断念。今日はみんなハンモックを持ってきたので木々の間に吊るしてたっぷり昼寝をした。ただ風は少し冷たかった。1時間半ほど山頂でゆっくりして、帰路についた。


山頂にて

ダニでパニック

 一昨日木ノ実ヤ塚へ登って、昨日の朝の出来事です。うちの娘が頭がなんか変だ〜と騒いでいました。髪の毛を掻き分けてみるとなんと5mm程の8本足の無気味な虫がへばりついている。取ろうとしてもなかなか取れない。

なんやかんやでようやく取れて潰しましたが、頭からは血が吹き出した。

WEBで調べるとマダニの仲間みたいだ〜(^_^;)木ノ実ヤ塚で笹をかき分けていた時に付いたみたいです。これまでヒルにはやられたことがありますが、ダニははじめて。こんな気色悪い奴とは思いませんでした。

しばらく感染症などが心配です。

NEXT PAGE