烈風 高見山

冬なのに雨が多い。天気予報では久々の晴れ、高見山へ樹氷を見に行きました。

【日 程】2001年1月28日(日)
【山 域】台高
【コース】大峠より往復
【天 候】曇り
【メンバ】単独

 今日は天気がいいと思っていたら、名阪の福住あたりからアラレが降り出した。結構きつく降りそそぎ、道がみるみるうちに白くなってきた。榛原を抜けると天候は回復し、東吉野村へ入る。杉谷の高見山登山口は多くの車で賑わっていた。延々と駐車している車の列が出来ている。登山口より上は国道でも雪が残っている。高見トンネル手前でチェーンを装着、大峠までの旧街道に入るが、びっくりする程雪が多い。


旧国道はこんな感じでチェーンを巻いても振られる
 

 大峠は思ったより車は少なかった。準備をして歩き出すが、登山道もすっかり雪の下だ。こんなに雪の多い高見山は初めてだ。ここ2〜3日、雪が降り続いたのだろう。


大峠より高見山

 途中、見晴しのいい広場で休憩、残念ながら国見山方面はガスがかかっていた。時折日が雲の切れ間から顔を覗かせ、白い山肌を輝かせる。



白く輝く台高主稜線

 滑りやすい急な坂をひたすら歩く。4本爪の簡易アイゼン、雪だんごが出来てうっとおしい。スノーシューを背負った青年と話をしながら登った。スノーシューってのも面白そうだなぁ。頂上直下、去年、囲炉裏のメンバーと行った、桃俣への道へ降りてみる。こっちは全然トレースが無い。足がすっぽり股下まで雪に埋まり、一歩一歩が苦痛だ。登り返すのが大変だった。回りの木々は樹氷に覆われるというより雪を冠ったモンスターみたいだ。

 山頂はおきまりの大賑わい。避難小屋は満杯で足を踏み入れることも出来ない。小屋の影で昼食をとる。丁度、三重テレビの録画が行われていた。ここのメンバーで若い女の子、ジャージにスニーカーという姿で登ってきている。下りが大変やろなぁ〜 と思いつつ以前、うちの子供長靴で登らせたなぁ。


山頂付近

 山頂付近、北から猛烈な風が吹き付けてくる。凍り付いた木々の写真を撮っていたが、ファインダーを覗く目に氷の細かい破片が吹き付け、痛くて目が開けられない。手袋をはずした手が凍え、カメラについた水滴が凍り付いていた。おおっ! ブリザードってこんな感じか〜(^_^;) 昨日、お正月にテレビでやっていたアラスカの大自然を写した星野道夫さんの「アラスカ 風のような物語」という文庫本を買った。アラスカを吹き抜ける風はこんなもんじゃないだろう。

 また大峠まで引き返すことにする。下る途中で、以前 竜王山でお会いした囲炉裏の廣さん、くみさん達と出会った。やはり人気の高見山だなぁ。


NEXT PAGE