玉置神社と玉置山

【日 程】2000年12月24日(日)
【山 域】大峰
【コース】玉置山駐車場から神社と山頂
【天 候】晴れ
【メンバ】単独

玉置山付近地図

 壊れていたカメラがようやく直った。昨日、掃除したから今日はどっか行こう。洞川へ行くつもりだったが、関西ハイキングにでていた玉置神社の神代杉を見ようと途中で十津川へ行くことにする。10時前に出たので十津川はちょっと遠い。


竜王の祠のある滝


 折立から玉置山方面への林道を走る。細くクネクネした道だ。途中、竜王が祭られている滝を見る。尾根に出てまず展望台へ。東屋や望遠鏡のある展望台が作られている。果無山脈から奥高野の山々、大峰釈迦ヶ岳から笠捨山。素晴らしい好天の下、大パノラマだ。\(^o^)/ 休憩所で弁当を食べようと思ったが、北風が吹き付け物凄く寒い。やっぱり冬やなぁ。釈迦ヶ岳は白く化粧していた。

展望台より


 それから先に進み、花折塚へ。車を止めて少し歩くと花折塚だ。南奥駈道の樹林の中、ひっそりと祭られていた。来た道を引き返し玉置神社の駐車場へ。そこから玉置神社へ参拝する。鬱蒼とした杉林の中に歴史を感じさせる社殿が見える。神代杉、大杉、夫婦杉などの巨木を仰ぎ見る。これだけ杉が多いと大峰の山のような木がしないなぁ。

玉置神社

夫婦杉

神代杉

 神社から急坂を登り、玉置山山頂へ(1076m)。駐車場からすぐだと思っていたら結構急な登りだ。(^_^;) 山頂近くになるとブナの自然林。なんかほっとする。沖見岳の異名を持つ山頂は南側の眺めがいい。宝冠の森へと続く尾根、その先には熊野灘が見えている。三角点の所に鉄の鐘が置かれていたので鳴らしてみる。 山頂付近にはシャクナゲがたくさんあり、小さな蕾をたくさんつけていた。

玉置山山頂にて

 山頂から駐車場まで、自然林の中の枯葉に埋もれる道を歩いて帰った。次回は宝冠の森へ行ってみたいが、このあたりまで辿り着くのに時間がかかるので世程早く出ないとだめだなぁ(^_^;)

NEXT PAGE