紅葉も終わり 西大台

【日 程】2000年11月4日(土)
【山 域】台高
【コース】経ヶ峰〜開拓跡〜七つ池〜ドライブウェイ〜経ヶ峰
【天 候】霧
【メンバ】単独

 朝起きると、乳白色の霧に包まれている。名阪を上がると奈良盆地一帯が雲海みたいだ。久しぶりに素晴らしい青空が広がっているが、大台ヶ原に近付くにつれて暗い雲が上空を被う。大台ヶ原ドライブウェイに入ると案の定、真っ白な霧の中だ。川上村あたりはまだ殆ど色が付いていない。伯母峰あたりが紅葉の盛りだった。高度を上げるとだんだん寂しくなる。1週間でかなり落ちたみたいだ。


 経ヶ峰の南の大きなカーブのところに車を止めて準備をする。11時5分、乳白色の世界に突入だ。鹿のもの悲しい鳴き声を聞きながらどんどん高度を下げる。足下は落葉の絨毯、しっとりと濡れて滑り易い。経ヶ峰から西大台への道は歩き易い道だが、1ケ所だけ崩落している場所が狭くて通りにくい。

 やがて沢沿いの広場へ。大きなトチノキがある場所だ。葉はすっかり落ちて魁偉な枝が白い世界に映えている。西大台の紅葉も殆ど終わり。少し残る葉が秋の終わりを告げている。すぐに七つ池からの道に合流する。開拓跡まであっという間のショートカットコースだ。開拓跡の南、平らな広い場所の原生林。霧が立ち込めて幽玄の気配を感じるようだ。このあたりでたくさんの人と出会う。西大台もポピュラーなコースになってきた。



開拓跡

 同じ道を引き返すのも面白くないので七つ池を目指す。いつも七つ池方面からしか歩いたことがないので、逆に歩くと全然違う道を歩いているみたいだ。途中、苔むす岩の点在する場所を過ぎ、七つ池へ。いつもながら静かな場所。濃い霧が流れてきて静寂が支配する。ブナの倒木がたくさん有る。ねじ切られたみたいな折れ方をしている物もあった。


七つ池への途中


苔むす森


七つ池

 七つ池から少し歩くとドライブウェイ直下に。斜面を上り車道に出る。ここからまた経ヶ峰までうんざりする車道歩きだ。ひっきりなしに車が通る。今日は駐車場まで行かなかったが、たぶん凄い車の量だと思う。延々歩いて車に辿り着いたのは16時35分だった。 それから169の交互通行の信号のところまで大渋滞(;_;) 秋のシーズンの恒例の渋滞、早くトンネルを開通させて欲しい。

NEXT PAGE