したたる秋 大台ヶ原

2000.10.28

 大台ヶ原の紅葉もぼちぼち終わりかなぁ。天気予報では昼から雨、ほな早よ起きて行こうと思い4時半起床。早朝なので橿原から吉野へ抜ける。吉野川沿いを走っていると東の空がだんだん赤くなってきた。尖塔のように高見山が朝焼けをバックにそびえている。

 大台ヶ原ドライブウェイに入ると高度を上げるにつれてだんだん木々の色が鮮やかになってくる。稜線に出ると錦秋の世界だ\(^o^)/ 

何度も車を止めて紅葉を撮影する。経ヶ峰あたりからえらい霧が出てきた。霧というより雲のまっただ中。木々の彩りも乳白色の中に溶けている。山頂付近はもうほとんど終わりという感じだった。

 朝の大台ヶ原、バキュームカーが5台程連なって登ってくる。予想通り山頂駐車場のトイレの汲み取りだった。しかし5台も必要とは凄いなぁ〜という感じがする。昼から雨との天気予報にもかかわらず9時前には駐車場は満杯状態。ザックを背負って霧の中に消えて行く。 このところ毎回雨に降られているので雨の中を歩くのはうんざりする。今日は山頂でビールを飲んですぐに下山した。

 帰り、下多古谷の林道を終点まで行ってみる。終点より琵琶滝まで45分と看板があったが、雨も本降りになってきたので引き返す。

 霧にむせぶ大台の秋、これも風情があるけど、青い空に燃えるような紅葉ってのになかなかめぐり会えないなぁ(^_^;)

NEXT PAGE