トチの木の下で 和佐又山付近

2000.7.16

朝、目がさめるとえらいええ天気や。昨日の天気予報では雨や言うていたから晩遅くまで起きていた(^_^;) もう梅雨は空けたのかなぁ。

ネムの花咲く道
 遅くまで寝ていたので出発は9時半、とりあえず子供二人連れて和佐又山でも行こうかなぁ。名阪福住から広域農道を走る。ピンクの花をつけたネムの木をたくさん見る。いつも存在すら認識しないが、年に一度美しさをアピールしているみたいだ。


ヒュッテ前の丘

和佐又ヒュッテ
 ヒュッテについたらもうお昼。とりあえずビールを買うて、トチの木の下でコンビニの弁当を食べる。あちゃ〜ビールの缶が倒れとる。トチの木がビール半分飲んでしもた。しばらくトチの木の下でぼーっとした。上からトチノミがぽとっと落ちてきた。回りを調べてみるとたくさんトチの実を拾う。
 「去年教科書で習ろたモチモチの木や、トチモチにして食べよ」と娘はたくさん拾っていた。アク抜きが大変やから無理やろなぁ〜


トチノキ

大普賢山麓の森
 とりあえず大普賢登山道を歩く。どうせ山頂は無理なので今日は適当に歩いて、ここの原生林を楽しむことにしよう。どうもこのところ楽なことばかり考えてしまう。(^_^;)
 ヒュッテを出てしばらくいくと早速アサギマダラが飛んでいた。他の蝶に比べて飛び方が優雅やなぁ。和佐又山にはまだヤマユリは咲いていなかったが、白いホタルブクロが咲いていた。丘の上でテントを張っている人もいる。今日は静かで気持ちええやろなぁ。見返り台地のところはなんや石碑のような工事、まだ完成していない。


大普賢岳

 大普賢への道は深い原生林の中。ここの森はほんまに気持ちのいい場所だ。ブナ、カエデ、ミズナラ、トチ、ヒメシャラ、トウヒ等が程よく入り交じっている。またまたハンモックを出して鳥とセミの声を聞きながら昼寝。


森で遊ぶ


大峰山脈

笙の窟
 今日はここまでの楽チンコース、道も整備され新しい説明板などが出来ていた。帰りに和佐又山ヒュッテで「ねりぐるみ」という商品を買う。くるみのすりつぶしたものをハチミツに漬け込んで、パンに塗って食べるもの。帰ってなめてみるとほろ苦かった。


笙の窟


ネムの花が咲いた

PHOTO GALLERY へ