彷徨CAMP 湯子川へ

2001.10.7〜10.8

 秋の3連休、1泊2日でCAMPに出発。当初、生石高原のキャンプ場を目指す。海南東ICよりR-370を野上町へ向かう。生石高原への道の途中で小さな公園を発見。そこでお弁当を食べる。その公園に立派なクスノキが有った。

野上町の大楠

巨木

太い幹で遊ぶ

 生石高原への道は1.5車線程のクネクネ道。展望は抜群だが運転に神経を使う。山上に近づくと道は広くなるが、延々と続く路上駐車の列。なんや嫌な予感。案の定、キャンプ場は満杯の状態だ〜(;_;) 曽爾高原みたいなススキの原が広がり大勢の人が散策していた。
 素晴らしい展望とススキの高原を満喫でき、しかも無料のキャンプ場なのだが、残念。車をのけたらもっとテントを張れるのに。次のキャンプ場を探すため、なんや気も焦るし観光もせず下山することに。

 仕方ないのでもと来た道を引き返し、370号線を高野山方面に走る。美里町を抜け、かつらぎ町へ。渓谷沿いのロングコースだった。

 国道から湯子川沿いに500M程入った所に湯子川キャンプ場が有った。設備はトイレのみの河原の無料のキャンプ場。やっとテントを張れる場所に到着。

湯子川キャンプ場

 キャンプ場に着いたのは3時過ぎ、テントを設営し、付近をブラブラしたり近くをドライブする。

湯子川 一の滝

 ここのキャンプ場は焚き火可だ。薪を集めて焚き火を囲んで楽しいひとときを過ごす。

秋の夜長を焚き火で過ごす

 次の日もまた焚き火で遊ぶ。帰りは橋本を抜けて家まで2時間半程だった。

  OUTDOOR INDEX