伊吹山 花三昧

2002.9.21

 近江の国と美濃の国の国境にそびえる伊吹山。山裾に古くは不破の関、また関ヶ原の古戦場を抱く伊吹山。東と西、南と北を分かつ象徴のような山だ。名神高速で関ヶ原インターへ。起伏のある田園地帯の関ヶ原、かつてここで天下分け目の戦いがあったとは現状の地形からは想像できない。

 伊吹山は割と近いのだが、今回初めて行った。おばあちゃんも同行したので、山上までドライブウェイを使って車で登る。高度をあげるにつれて素晴らしい展望だ。山頂駐車場に車を止めてまずお弁当。そこから周遊路を歩くのだが、足の悪いおばあちゃんはリタイヤする。

 歩き出すとすぐにたくさんの花々が迎えてくれる。山頂付近は木がほとんど無く、日差しはきついが花の種類の豊富なことには驚かされる。


NEXT


  その他の山