翌日、目が覚めるとビリーがいない 最悪の朝 2014.6.1

翌日、夜中に吠えもせず、静かな朝を迎える。 さっそくビリーを見に行くとだらんと垂れたリードがあるだけ。 まさかリードを噛みきるとは! 認識が甘かった。

近所を自転車で回ってみるが、もちろん見つけることは出来ない。 次に近くの警察署に行ってみる。 おおっ なんという幸運。 ビリーが保護されていた。

通報していただいた方に感謝。

家に連れて帰り、早速繋留用ワイヤーを購入。

庭の花とビリー

ターシャ・テューダーのガーデニングの画像、美しい庭に可愛いコーギー犬。 うちの小さな庭にはビーグルだ。

   

絵になったのはこの時だけ、目を離すと花壇に入り込み、花を噛んだり、引き倒したり。 翌日にはまったく荒れ果てた。

近くの公園へ

切られたロングリードを結び直し近くの公園で遊ぶ

   

   

戻ってきて良かったとつくづく感じたひとときだ。