近江鎌刃城・醒ヶ井環状列石

2010.2.14

このところ城郭先進地帯である近江の城に魅力を感じている。 今回は米原市にある近江鎌刃城に登ることにする。 近江鎌刃城は浅井長政方の城で、堀氏の居城、敵対する六角氏と国境を接している境目の城。 石垣造りの北櫓、主郭、副郭を備える城であった。

そして近くにある多和田地区の醒ヶ井環状列石 神籠石、高地性集落、中世の山城、古代の祭祀跡、と謎の多い遺跡がある。超マイナーなスポットだが謎の遺跡マニアとしては是非行って見たい場所だ。

このところのお出かけ装備、とりあえず自転車を積んで、登山靴とデイパック、ストックとGPS

       

番場の忠太郎の故郷? 中山道の宿場町番場の集落より鎌刃城に登る。

雪国の宿命か、倒れた木々を避けながら山道を歩く。


鎌刃城 GPS MAP