観音寺城 近江源氏の拠点

2010.1.30

南近江を支配し、室町幕府将軍継嗣にまつわる戦乱や、北近江の浅井氏との対立、そして織田信長の京都侵攻の前に滅亡した近江源氏六角氏の居城、観音寺城を訪ねた。

日本有数の規模を誇る山城、主要な部分は石垣造りというこの城へは今回で3回目の訪問となるが、今のようにネットの発達していなかった時代なので どこにどういった遺構があるのか事前に準備できず、本丸をちょっと見ただけだった。 今回はじっくりと観音寺城を見てみたいと思い出発する。

観音寺へと続く林道(有料)があり、それを利用すると観音寺付近まで楽々行けるはずだった。まずは五個荘側から車で登る。 途中で工事のために通行止めとなっていた。 仕方ないので安土側から登ろうと思い行ってみると冬季閉鎖中となっている。 仕方が無いのでゲート前に車を止めて 延々徒歩で登ることにする。

やがて林道終点、そこからは観音正寺へと続く石段を登る。

参道にも石垣が・・・おそらく城のものだろうか。

GPSの軌跡で見る観音寺城