串本海中公園 シュノーケリング (和歌山)

2006.9.9

前々から行きたかった紀伊半島最南端の串本海中公園へシュノーケリングに行った。金曜の夜から出発、国道42号線を南下、すさみ町にて車中泊。 延々串本を目指して走る。 南下するにつれて天候が悪化する。深夜には猛烈な雨。朝起きてもまだ降っている。

9時頃、串本ダイビングパークへ。 施設利用料は1570円。 早速海の中へ。

ダイビングパークの前。 殆どの人がダイビングに来ているが、シュノーケリングの利用も出来る。

少し西にある筆石


シュノーケリングギア


今は半そでのラッシュガードを着ているが、クラゲの多いところでは長袖が欲しい。寒さ対策にウェット地のシャツとパンツは優れている。


マスクとシュノーケルはホームセンターではなくソコソコの物を 曇り止めもあれば快適な視界が得られる。


 マリンシューズよりウェット地のブーツのほうが、足が痛くならないので好きだ。


あと小物であれば車の鍵を入れておける防水ケースとシュノーケリング用の手袋。手袋は必需品。

 
そのまま海に持って入れるオリンパスのデジカメ

関連書籍

 

いい道具をそろえて海に入る↓

 ダイビング専門店ファインド

AQROSネットショップ

コーラルダイブ