小里城

マーカーリスト

小里城

GPSログ解析

開始日時2013/12/15 12:04:25終了日時2013/12/15 13:36:01
水平距離1.66km沿面距離1.80km
経過時間1時間31分36秒移動時間0時間45分12秒
全体平均速度1.18km/h移動平均速度2.39km/h
最高速度72.00km/h昇降量合計315m
総上昇量155m総下降量160m
最高高度416m最低高度226m

写真レポート 写真集


小里城登城口

2013/12/15 12:04:47

小里城登城口

妻木城を見た後、小里城へ向かう。 県道を挟んで広い駐車場あり。 道路を渡り小里城を目指す。



早速、石垣が

2013/12/15 12:06:09

早速、石垣が

遺構かどうかは解らないが、早速石垣が目に入る。



入口すぐの石垣

2013/12/15 12:06:12

入口すぐの石垣



小里陣屋跡

2013/12/15 12:09:43

小里陣屋跡

江戸時代初期の陣屋跡



大手門

2013/12/15 12:09:59

大手門



陣屋跡の石垣

2013/12/15 12:10:23

陣屋跡の石垣



御殿場跡

2013/12/15 12:11:02

御殿場跡



小里城 map

2013/12/15 12:12:11

小里城 map



小里城解説

2013/12/15 12:12:32

小里城解説



小里城解説

2013/12/15 12:13:33

小里城解説



井戸跡か

2013/12/15 12:13:37

井戸跡か



登城路の途中の石門

2013/12/15 12:19:57

登城路の途中の石門

御殿場跡から登山道を山上に向かう。 途中の石門 道は整備されている。



小里の町並み

2013/12/15 12:20:34

小里の町並み



大手曲輪

2013/12/15 12:30:01

大手曲輪

削平地らしいという感じで明確な城の遺構ではない。



小里城 石垣

2013/12/15 12:31:41

小里城 石垣

巨石と石垣



小里城 主要部へ

2013/12/15 12:32:16

小里城 主要部へ

巨石が散乱する中、主郭を目指す。



二の曲輪

2013/12/15 12:32:53

二の曲輪



巨石群

2013/12/15 12:33:04

巨石群

妻木城といい、小里城といい 今日は巨石に縁がある。



小里城の巨樹

2013/12/15 12:33:10

小里城の巨樹



小里城の巨樹

2013/12/15 12:34:40

小里城の巨樹



小里城の巨樹

2013/12/15 12:34:44

小里城の巨樹



主郭付近の石垣

2013/12/15 12:35:07

主郭付近の石垣



美濃、信濃の山々

2013/12/15 12:36:05

美濃、信濃の山々

先日からの寒気で山は白い。



小里城 天守台

2013/12/15 12:36:38

小里城 天守台

信長の命で、武田氏の岩村城を攻める拠点として築城されたらしい。 途中Hソt*廖o'タ・@・$Z漁廖・



主郭の巨石

2013/12/15 12:36:58

主郭の巨石



引き裂かれた大木

2013/12/15 12:37:33

引き裂かれた大木



解説

2013/12/15 12:37:41

解説



矢穴の跡

2013/12/15 12:38:17

矢穴の跡

石材を切り出す矢穴の残る石が多い。 いかにも建築途上で放棄された感じが濃厚だ。



石碑と天守台

2013/12/15 12:38:24

石碑と天守台



天守台入口

2013/12/15 12:38:30

天守台入口



解説

2013/12/15 12:38:42

解説

どうもこの天守台の石垣、後世の人の修繕の手が入っているみたいだ。どれほどかは解らないが。



天守台

2013/12/15 12:39:19

天守台

この城は天守台のみずば抜けて見応えがある。 素晴らしい天守台を見て興奮状態。



天守台(枡形)の中へ

2013/12/15 12:39:21

天守台(枡形)の中へ



内部の神社

2013/12/15 12:39:34

内部の神社



天守台内部

2013/12/15 12:39:49

天守台内部

巨石も取り込んで築かれている。



石垣は石塁状に

2013/12/15 12:40:21

石垣は石塁状に



石塁上から入口を

2013/12/15 12:41:46

石塁上から入口を



巨石を取り込み

2013/12/15 12:43:21

巨石を取り込み

不当辺の天守台、安土城天守のテストケースという見解もある。 未完の大器の天守台だ。



天守台

2013/12/15 12:43:37

天守台

不等辺、しいて言えば六角形に近い。



天守台

2013/12/15 12:44:03

天守台

極端にいえばこれだけが見どころだ。



天守台

2013/12/15 12:44:34

天守台



天守台

2013/12/15 12:45:36

天守台

天守台の周りにも巨石群が散在する。



周辺の曲輪

2013/12/15 12:48:15

周辺の曲輪

帯曲輪が存在する。 でも未完だったのだろう。



巨石群

2013/12/15 12:49:19

巨石群



巨石群

2013/12/15 12:51:18

巨石群

しかしこの山は巨石が多い。



矢穴が明確な石垣

2013/12/15 12:53:55

矢穴が明確な石垣

きれいに積まれているが、復興前はどうだったのだろう?



巨石と石垣

2013/12/15 12:54:30

巨石と石垣



天守台

2013/12/15 12:54:57

天守台



天守台

2013/12/15 12:55:06

天守台



下界を見下ろす

2013/12/15 12:56:44

下界を見下ろす

しかし今日は寒い。 タイヤはノーマルだし、チェーンは積んでこなかった。雪が降ると恐怖だ。 ところで今日は鈴鹿山脈沿いは雨だった。



矢穴の石

2013/12/15 12:59:08

矢穴の石



矢穴の石

2013/12/15 13:01:39

矢穴の石

築城途上で放棄された城のイメージを彷彿とさせる。 完成していれば全国に名を遺したであろう。



東の砦へ

2013/12/15 13:22:22

東の砦へ

麓の御殿場跡に戻り、杉林の中を東の砦跡へ行ってみる。



東の砦跡

2013/12/15 13:26:18

東の砦跡

なんかあんまりよく解らないが、このあたりが東の砦跡だろう。 小里城、建築途上の織豊城郭っていうのは珍しい。 山上の天守台跡が際立って異彩を放つ城跡だった。